This page:幼稚園受験・小学校受験 -お受験ネット- TOP > お受験をする親として > お受験と生活習慣

お受験と生活習慣

「お受験に向かう姿勢」 →→→すべて読む

子供にとって、親の存在は大きいのです。
幼い子供ほど、親への依存はかなりあるのです。

子供は、親が喜べば、とてもうれしいものなのです。
当然、叱られると、落ち込み、悲しくなります。
お受験のプレッシャーから、感情にまかせて、子供を叱ってしまうことがあるでしょう。
しかし、お受験を受けるのは子供であり、子供もそれ以上のプレッシャーを感じていることを忘れてはいけません。

「子供の健康のために「睡眠」」 →→→すべて読む

お受験のための勉強のために、睡眠時間を減らして…という家庭は、さすがにないでしょう。
しかし、就寝時間が遅いという家庭は多いのではないでしょうか。
就寝時間が遅いと、朝なかなか起きられません。

子供を起こすのはかなり難しいです。
ゆすっても起きないほど、ぐっすり眠っていることも多いです。
そこを無理に起こすと、感覚や運動や認知などの、脳の機能がばらばらになって、寝ぼけたり、夢遊病を引き起こすこともあるので注意が必要です。

就寝時間が遅いことが続くと、朝も遅くなります。
睡眠時間が知らずに減ってしまっているのです。

「三つ子の魂百まで」 →→→すべて読む

「三つ子の魂百まで」という諺があります。
小さい時の性格は年をとっても変わらないものだという意味です。
小さい頃に身につけた習慣も同じです。
大人になっても箸をちゃんと持てない人は、恥ずかしいですよね。

お受験対策に関わらず、基本的な生活習慣を身につける時期はとても重要です。

「子供の健康のために「食事」」 →→→すべて読む

幼児期は、体の活動が活発になるとともに、発育も盛んな時期です。
「お受験」を、元気に、たくまくし乗り切るためにも、健康な体づくりは大切です。

幼児期は、離乳食から離れ、味覚を育てる大事な時期です。
幼児期の食べ物の好みは、その後の食生活に影響することが多いので、なるべく多くの食品に慣れておくことが大事となります。
このような食事を味わいながら、子供は、味、におい、歯ごたえ、温度など、口の中の感覚を通じて脳を刺激していくことになるのです。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001